Topページ   「磯の魚たち」 のサブページです
Top イメージ

迷いの病。始まりは痛風から…、あちらこちらの関節が痛い、筋や筋肉などが痛い。ぶどう膜炎の発症、左耳の難聴発生、声が出なくなる等々。病名がついていないので、あの病気か?この病気か?と迷う、迷いの病の症状記録。同じような痛みや症状で悩んでいる方の参考になれば幸いです。発症年齢は62歳。
担当の先生から候補として挙げられている病名は、ベーチェツト病、脊椎関節炎、関節リュウマチ、痛風、サルコイドーシス、家族性地中海熱、自己炎症。

外見上に「ここが痛いよ!」という表示がないので本人しか痛さが判らないのが辛いところ。日常の何気ない動作で痛みがでるわけで、例えば、「靴下を履く」という動作はとっても大変!です。かかと、膝、腰、肩、肘、手首、指などに痛みがあると非常に辛い困難な動作となります。

◇ 2013年~2015年はこちら ◇ 2016年~2017年はこちら ◇ 2018年~2019年(19.3.23 更新)

日 付 発症箇所 病 状 & コ メ ン ト
2018年
1月
右手前腕部

今年も「病気平癒の祈願」を行う。

右手前腕部、昨年の10月20日に手術してから約3か月目にして皮膚の穴は塞がった(左写真参照)。

半透明の薄い皮が時々出来てくるので細胞の再生は続いているみたい。手首の角度や力の入れ具合によっては皮膚が突っ張るのでピリット感がある。

整形外科の受診も今月で終了した。膿瘍の原因としては抗酸菌の反応が出なかったので、主治医も「よく判りません…」とのこと。

それは、現状の抗酸菌検査では反応しない未知の菌がいるかもしれないということになるが、Web検索してみれば無菌性膿瘍なんて語句も見つかります。結局のところ、現状では何んにも判らないということですね。

右手前腕部以外の痛みとしては、左膝や左の大腿骨付け根あたりにチラリとあったけれど、動作制限を伴うこともなく、4日~5日で痛みは消えていきました。

2018年
2月
 

右手前腕部、力を必要とする作業や手首の角度によっては皮膚が突っ張ることによるピリッと感が時々はあったが徐々に気にならなくなっていった。

表面の膿瘍部中心を削り取って凹んでいた皮膚も内部から肉が付いてきて、力仕事もこなせるようになってきた。人間の…というより生物の回復力はすごいと感じる。

日々落ち着いてきたので白血球とCRP(炎症反応)のグラフを作ってみた。

「ほぉ~」とひとりで言ってみる。2月は両値とも標準値内ではないか!

この数値で全てが表せる訳ではないだろうけれど、何か安心するね。

でも、安心感とは裏腹にチラリと痛い症状が出る。
右手肘(ひじ)、肘を中心として前腕~上腕部が痛い。物の上げ下げや押したり引いたりすると痛い。コーヒーカップを口まで持っていけない。2/3ほど入っている2ℓのペットボトルを持ち上げられない。19日~21日。

左膝、立ち上がる時、階段の上り下りで痛み、真っ直ぐには降りられない。見た目の腫れなどはない。夜になって疼くのでモーラステープを貼りセレコックスも飲む。24日~28日。

2018年
3月
 

大きな痛みは発生していない。

小さな痛み1:右手の中指
第2関節~第3関節にかけて表側に少し痛みあり。外見上の変化は判らないので写真も撮らない。

症状は、スプーンを持つと痛い、トイレのドアノブを回せない、マウスのスクロールでもやや痛い、ハサミを使うと痛い。期間は1日~8日、ピークは3日。

小さな痛み2:首筋
首筋左側、耳の後ろから首の根元にかけて、左を向くと寝違えたような痛みが出る。昨年の2月以来かな?。期間は15日~21日、ピークは19日。

痛みというか違和感というか微妙な感覚だが、左膝、左足のかかとに出たときもあった。

下旬に桜を撮りに電動自転車で川辺まで3日間通った。冬季は全く運動らしきものをやっていないので、少し筋肉痛が出てしまったよ。

2018年
4月
 

今月は特に痛みは無し!

磯採集に2回行ったけれど、その後に痛みは出なかった。「治っちゃったかな?」と思ってしまう。

2018年
5月

今月は、左足の親指第一関節に痛みが出た。
赤味があり矢印のところに腫れが認められる。押すと痛みがある。歩く時に違和感をかんじるものの、びっこを引くほどの痛みはない。なんか痛風みたいな感じだね… と先生もおっしゃっていた。痛みの症状が出ていた期間は5日~10日の6日間。

左足の膝、歩くと少し痛みを感じる。膝小僧の半分で外側、押しても痛みは無く、痛む個所は明確には判らない。階段の上り下りでちょっと痛む。痛みの症状が出ていた期間は11日~19日の9日間。

2018年
6月
 

左手の親指、第2関節、強く曲げたり、掴んだり、重いものを持ったりすると痛みが発生する。

日常でやや動作制限が伴い、硬い蓋を開けられない、コーヒーミルを掴んで固定できない。痛みの症状が出ていた期間は23日~25日の3日間。

左膝、深く曲げると痛みが発生する。痛い箇所は膝頭の縁の上部分あたり、立ち上がりが辛い。歩く時にわずかに痛みがある。階段の上り下りは手すりが必要だ。

痛くなって2日目、就寝時にしくしくと痛みを感じるので湿布を貼る。膝頭全体に熱感あり。痛みの症状が出ていた期間は25日~30日の6日間。

2018年
7月
 

先月からの左膝の残り症状があり、階段の上り下りでやや鈍い痛みが発生するが手すりは使わなくてもよい状態。~8日で症状は無くなる。

他には特に記載するような症状は無し。

2018年
8月
左足親指第一関節
 
右手の小指~薬指
第3関節付近
 
左肘辺り

今月はポツポツポツリと小まめに痛みが出る箇所があった。

左足の親指第一関節(左画像参照)、5月に出たときと同じようだけれど、内側の角辺りの箇所のみ。やや赤味があり少し腫れている、押すと痛みがある、歩く時に違和感があるが痛みとまではいかない。症状が出ていた期間は 8/1~8/7。

右手の小指~薬指の第3関節付近(左画像参照)、曲げる、伸ばす、広げると痛みが発生する。腫れが認められる。箸で物を掴むのが大変だ。マウスを持っているとジンジン感がある、セレコックスを飲む。夜になってしくしくと痛みを感じるので湿布を貼る。症状が出ていた期間は 8/6~8/10。

首の根元周り、首の前側、首に力が入るような姿勢になると、首を中心にして筋肉痛みたいな痛みが発生する。鎖骨と胸骨が繋がるところを押すと痛みがある。触れてみると腫れているような感じがするが、鏡に映してみても目視では判らない。症状が出ていた期間は 8/21~8/23。

左肘辺り(左画像参照)、腕を真っ直ぐに伸ばそうとすると痛みが発生する。肘から前腕部にかけての内側あたり、押してみても明確な位置は判らない。腫れはない。症状が出ていた期間は 8/22~8/31。

腰が痛い、背骨の両側辺り、押しても痛みは無し、腫れはなし。膝が痛い、膝頭の周辺で上と下、押しても痛みは無し、腫れはなし。

磯採集に行く前の6日間に上記のに痛みを感じてセレコックスを服用していた。今年の夏は異常と言えるほどに暑かったが、3時間半ほど岩場を歩き廻れることが出来たので、症状は軽かったとみえる。

2018年
9月
左手親指第一関節

今月の痛みが出た箇所は主に3ヵ所、先月と比べれば少ない。

左手親指の第一関節(左画像参照)、曲げると痛みが発生する。押すと痛い箇所がある(〇印)。何が不便かといえば、ペットボトルの蓋を開ける時。症状が出ていた期間は 9/15~9/18。

右足股関節、歩くと痛みが発生しややびっこを引く。中腰姿勢で物を取ろうとした時などではやや強い痛みが発生する。負荷をかけないで、ただ曲げる分には痛くない。症状が出ていた期間は 9/12~9/19。

背中が痛い、背骨の真ん中あたりで背骨右側の縁。手を背中に回してやっと届くような位置になるけれど、押すと痛い箇所がある。背中を曲げるときや身体を動かそうと負荷がかかる姿勢になると痛みが発生する。うがいは出来ない。症状が出ていた期間は 9/17~9/20。

2018年
10月
  右手親指の第一関節、先月の左手親指の第一関節と同様で、今月は右手側。曲げると痛みが発生する。押すと痛い箇所があり、僅かに赤味と腫れが認められる。これは痛風っぽい感じがする。症状が出ていた期間は 10/21~10/23。

首筋が痛い、耳の後ろ側~首筋~肩にかけて、首の方向を変えると痛い。寝違えた時の痛みに似ている。左側に出て治まったら右側にも出た。どちらも短期間で、症状が出ていた期間は 10/21~10/23。セレコックス服用。

肋骨、左側で鎖骨の下5本目、胸骨との境目辺り、押すと痛みあり、大きく息を吸うと少し痛みを感じる。仰向けになって触れてみると腫れているような感覚があるが、目視では判らない。症状が出ていた期間は 10/22~10/23。

左膝、歩くと痛みを感じる。階段の上り下りは痛い。押しても痛い箇所は判らない。症状が出ていた期間は 10/28~10/31。セレコックス服用。

2018年
11月
 

左足の親指、左足の親指第2関節(付け根)付近で足の裏側、歩くと少し痛みを感じるがびっこを引く程では無い。押すと痛みを感じるが目視では変化は認められない。症状が出ていた期間は 11/6~11/8。

右の股関節、支点となる個所でほぼ真横の位置、押すと痛みを感じる。歩く時や立ち上がる時などに痛みが発生する。症状が出ていた期間は 11/6~11/9。セレコックス服用。

2018年
12月
左/右足のかかと
かかと

左足のかかと(左図参照)、かかとの骨の底面辺りで、外側の横から押すと痛みがあるが、内側、真後ろ、真下から押しても痛みは感じない。歩くときに痛みを感じる。びっこを引くような強い痛みではないが、かかとをまともに着地することが出来ないのでスタスタとは歩けない。

症状がひと月続くのだが、痛みが強かったり弱かったりと波がある。「今日は動き回る作業がある…」という時にはセレコックスを飲んでいれば、一応それなりに作業の遂行はできる。

右足のかかと、痛みの箇所、症状も左足と同様だが、一晩だけ歩くと鋭い痛みが発生しびっこを引いた。この痛みは久しぶりだぁ!。症状が出ていた期間は左足よりも短かった。 12/16~12/28。

 

2019年
1月
 

今月は大きな動作制限を伴う痛みは無いが、「ちょっと痛いけれど、まぁほぼ動けるよ」というのが、左足かかと(先月から引きずっているもの)1月1日~1月20日、右足かかと、1月13日~1月20日、左膝、1月19日~1月31日に出ていた。

右の脇腹付近に筋肉痛に似た痛みが発生する。肋骨の一番下辺りを押すと痛みがある。負荷がかかるような動作、身体を反らせる、捻る、屈みこむ、などで痛みが発生する。1月5日~1月10日。

頭痛、これまで風邪を引いた時ぐらいしか頭が痛くなることは無かったのだけれど、2018年2月(膿瘍の手術後だね…)から、月に1回~3回ほど頭が痛くなる。

頭が痛くなってくるときの症状は、生あくび ⇒ 寒気、右首筋痛み ⇒ 全体頭痛 ⇒ 左眼奥辺りの頭痛 ⇒ 沈痛、とほぼパターン化している。

沈痛までの時間はほぼ半日ぐらいだけれど、痛くて動きたくないのでバファリンを飲んで横になってしまう。無理に動くと嘔吐するときもある。

「何となく気になる…」から「ちょっとまずいかなぁ…」と、感じるところまでになっている。

2019年
2月
 

今月の症状は左膝に尽きる。家の中で歩く分には痛みは感じないけれど、階段の上り下りでは痛いという程ではないがちょっと気を使ったりそうでなかったりと、痛い~痛くないの微妙な症状がほぼ1ヶ月続いた。

3ヶ月毎の診察に行ってきた。CRP値と白血球の値をグラフ化してみる。
(クリックすると大きいものが見られます)

CRP値は、2018年2月~2018年10月の間は基準値0.3mg/dを上下していたが、12月以降はじわじわと上がり始めている。まぁ様子をみてみるしかないけどね。

白血球の値は、2018年2月以降は基準値上限の9600/ulを下回るようになっている。体内で白血球を必要とするモノがないんだろう… と想像する。


(C) 2014-2019 迷いの病 ( 「磯の魚たち」 のサブページです )